日本メーカーのエアコンが海外で存在感を高めている。省エネ技術や品質の高さが武器だ。現地ニーズに見合った商品投入の成果も出ている。