社内外に存在する様々な情報を集めて再編集し、商品開発をはじめ企業の実務に利用する。博物館などの学芸員(キュレーター)に由来する「キュレーション」の試みが活発になってきた。営業や企画業務が主だが、応用の範囲は社員の人事評価などにも広がり始めている。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5369文字 / 全文文字

【初割・2カ月無料】有料会員の全サービス使い放題…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、11年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年8月6・13日号 74~77ページより目次