競争の激しい市場でいかに圧倒的なナンバーワンとなり、その地位を守るか。重要なのは、常に差別化要素を盛り込み、競争の土俵を変えることだと説く。グループの機能を組み合わせ、物流全体で差別化を図る方針へ舵を切った。