競争の激しい市場でいかに圧倒的なナンバーワンとなり、その地位を守るか。重要なのは、常に差別化要素を盛り込み、競争の土俵を変えることだと説く。グループの機能を組み合わせ、物流全体で差別化を図る方針へ舵を切った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5308文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題