「選択と集中」に逆らい、福祉、環境など経営の多角化を加速する。素早い決断を支えるのは「世の中に必要なものこそ事業になる」との教え。住宅業界の成熟を乗り越え、売上高10兆円の“遺志”に挑み続ける。