父親から受け継いだ病院を九州有数の整形外科病院に発展させた。1人の医師として、地方病院の経営者として、日本の医療を取り巻く環境を冷徹に見極めたからこそ、視線はおのずとアジアに向かった。