経営者の健康維持は企業にとってリスク管理そのものだ。重責を担う経営者は独自の手法で健康維持に取り組む。健康=企業価値と捉え、健康管理を社内で共有する動きも広がる。