「もっと読書がしたい」。あるいは、「もっと読書をしなければ」。そう感じるビジネスパーソンは多い。