銀行マンから転じた宅配便最大手のトップが目指すイノベーションとは何か。故・小倉昌男氏が生み出した「宅急便」に代表される勝ちパターンを分析。これまでにない市場を生み出す、需要創出のサイクルがあると説く。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4741文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題