クラウドサービスの信頼性が議論されている。発端は今年6月に起きた、レンタルサーバー事業を手がけるファーストサーバ(大阪市)のデータ消失問題だ。顧客企業・団体5万社のうち、5600社以上が、ウェブサイトや電子メールなど様々なデータを失ったばかりか、情報流出もあったという。