今号の日経ビジネスは、次代への継承について考えさせられるコンテンツが並びました。好評だった新浪剛史ローソン社長の経営教室は最終回。新浪氏はここで自分自身の権限を意図的に引きはがし、3人の幹部に委譲し始めた理由を語っています。新浪氏曰く「本人にその気がなくても、改革者はいずれ独裁者になってしまう」。自律した組織を維持するために、強くなり過ぎた自分の存在を消す必要が生じた時。それが引き際の1つの目安なのかもしれません。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り639文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「編集長の視点」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。