今月27日のロンドン五輪開催を前に、「Social」と「Olympics」をつないだ、「ソーシャリンピックス」なる造語がここロンドンのマーケターの間に広がっている。フェイスブックなどのSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス)が大規模に活用されているからだ。