ベスト電器がヤマダ電機の傘下入りを決めた。ヤマダは、かつてベストが買収提案を受けて拒んだ相手。経営の迷走が長引いたベストには、「翻意」以外の選択肢は残されていなかった。