TPP交渉参加を巡り、日本が土俵際に追い込まれている。節目の8月が近づくのに、国内調整はもたついたまま。参加が遅れるほど、成長戦略の柱が揺らぐのは必至だ。