米シリコンバレー発の起業の新しい手法「リーンスタートアップ」が注目されている。コストをあまりかけずに最低限の製品やサービス、試作品を作って顧客の反応を見る。このサイクルを繰り返すことで、起業や新規事業の成功率が飛躍的に高まるという。