中国政府系と目されるファンドが日本株を買い続けている。特に製造業に積極的で、保有額に占める比率は5割を超えた。投資額が減るとは考えにくく、株価への影響力も増しそうだ。