「ね、だから早く入っておいてよかったでしょう?」