超高齢化社会をビジネスチャンスと捉え、介護に参入する企業が相次ぐ。しかし現実は甘くない。そこは、国のルールに収益を左右される不自由な世界。既存の大手でさえ、事業モデルの転換なくしては生き残れない。