日本の介護士の給与水準はあまりに低く、日本人の介護の担い手が減ってしまい、結局、外国人の介護士に頼るような事態に陥っている。しかし、日本語もままならない状態で、難易度の高い介護福祉士の国家試験を課されても、大量の不合格者が出ることは、最初から想定できたことだ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1047文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 老人ホーム革命」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。