日本の介護士の給与水準はあまりに低く、日本人の介護の担い手が減ってしまい、結局、外国人の介護士に頼るような事態に陥っている。しかし、日本語もままならない状態で、難易度の高い介護福祉士の国家試験を課されても、大量の不合格者が出ることは、最初から想定できたことだ。