所得と消費のバランスを示す個人貯蓄率が注目される。米国では雇用情勢の悪化を受け所得は伸び悩んでいる。それ以上に消費が抑制され、貯蓄率は上昇に転じつつある。