「危機感はここ数年、相当に強くなっていた。だからあの商品の発売が決まった時には、『ああやっぱり』と思ったほどだった」