遊牧民のように働く場所を固定しない「ノマドワーキング」を推進する企業が増えている。生産性向上やコスト削減に加え、働く場所が分散し事業継続を担保できる利点もある。ただし実行するには難しい面も。先進企業の取り組みから留意点や課題を探った。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5519文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題