心意気と算盤――。社長に復帰した2009年4月から2012年3月末までの3年間、私が常に意識してきた言葉です。経営者は常に、心意気と算盤の間で揺れ動いています。社長に心意気がないと、社員はついてきてくれません。経営者がぶれたらダメなんです。数字感覚を失ってしまっては立ち行かなくなりますが、かといって算盤勘定ばかりでは社員も私も精神的に参ってしまう。バランスが重要です。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1234文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「有訓無訓」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。