テレビ事業不振による巨額の赤字を清算し、パナソニック新体制が発足した。「企業の都合からユーザーの視点へ」「内向きの組織を外向きに」。「当たり前」の改革にどう取り組むか、津賀一宏新社長がインタビューに応じた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2838文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「時事深層(2012年7月9日号)」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。