議決権の行使状況の開示によって株主総会が変わりつつある。経営不振企業では、役員選任の賛成率が60%台にとどまるケースも。不透明な慰労金や報酬、買収防衛策にも株主の厳しい視線が向かう。