グローバル競争を生き抜くには、技術流出を防ぐだけではダメだ。海外の先端技術や優れた技術者を獲得するメーカーが、日本でも一部で現れている。「技術立国」の地位が揺らいでいる今こそ、攻めに転じる時だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4217文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

日経ビジネス2012年7月9日号 36~39ページより

この記事はシリーズ「特集 今どきの産業スパイ」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。