グローバル競争を生き抜くには、技術流出を防ぐだけではダメだ。海外の先端技術や優れた技術者を獲得するメーカーが、日本でも一部で現れている。「技術立国」の地位が揺らいでいる今こそ、攻めに転じる時だ。