通された部屋は、白壁に囲まれた8畳ほどの無機質な空間だった。防音措置が施されているのか、壁にかかった時計の針音が異様に耳に響く。部屋の中心に楕円のテーブルが置かれ、それを取り囲むように本革の黒イスが6脚、等間隔に配置されている。