販促活動にゲーム要素を取り入れた「ゲーミフィケーション」という手法が注目されている。「競争」や「報酬」による動機づけが、顧客の増加や購入機会の拡大につながるとの期待からだ。対象はマーケティングだけでなく、社員の教育や人事評価にも広がりつつある。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り4724文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題