販促活動にゲーム要素を取り入れた「ゲーミフィケーション」という手法が注目されている。「競争」や「報酬」による動機づけが、顧客の増加や購入機会の拡大につながるとの期待からだ。対象はマーケティングだけでなく、社員の教育や人事評価にも広がりつつある。