野菜を巡る品種改良の熾烈な競争が、種苗会社で繰り広げられている。主戦場はトマト。振動でもつぶれない品種に対抗し、受粉せずに実をつける画期的なトマトが登場。開発現場では10年先の食のトレンドを見据えたプロジェクトが、今も着々と進む。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3387文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題