伊フィアットCEOが欧州工場の過剰生産能力削減にEUの支援を求めた。だが、工場稼働率が90%を超える独メーカーはこれに反対している。独企業の好調と隣人への厳しい姿勢は、債務危機の状況とよく似ている。