香港の行政トップ、行政長官を7年間務めた曽蔭権(ドナルド・ツァン)氏は6月末の退任を前に、自らの過ちを認めた。1つが「貧富の格差拡大」だ。