東京電力と関西電力に東京都と大阪市が各々株主提案した。猪瀬直樹副知事と橋下徹市長が「物言う株主」として共闘。だが異なる差配ぶりを映し、両社株の動きも明暗が分かれる。