経営破綻からわずか2年で不死鳥のように蘇った日本航空(JAL)。この姿を利用客側から見ると、現場の奮闘とはまた違った現実が見えてくる。