ランキングの下位には、広大な国土を持つ米系、中国系が並ぶ。ただこれらのエアラインも、サービス競争と無縁ではない。日本人客獲得に向けて、サービス向上に乗り出している。