パナソニックは姫路工場(兵庫県姫路市)を有機ELテレビの生産拠点として活用することも検討中

 ソニーとパナソニックが、テレビ事業で初めて手を組む。両社は6月25日、ポスト液晶とされる有機EL(エレクトロ・ルミネッセンス)パネル/テレビを共同開発する契約を締結したと発表した。互いに保持する有機ELパネルに関する生産技術を活用し、有機ELテレビを低コストで量産できる体制を2013年内に確立する。共同開発した有機ELテレビは、それぞれのブランドで販売する。