多くの企業が既存事業で行き詰まり、新たな成長事業の育成という課題に直面している。専門商社の内田洋行はいち早く同じ課題を抱え、2001年に第2の創業に乗り出した。そのために打った手は新人だけの研究開発部隊に委ねるという荒技。果たして成果は。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り5664文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題