業績悪化に苦しむローソンに、43歳で社長として乗り込んだ。「業界首位のマネをしろ」と言われ続けて萎縮した“負け犬体質”の集団に強烈なダイバーシティー(多様性)を導入して揺さぶりをかけた。