前川製作所は自身の代名詞とも言えた独法経営をやめ、一社化に舵を切った。事業領域ごとに存在した独立法人を集約、オールマエカワで世界市場に挑む。モノ作りが競争力を失いつつある今、前川製作所は製造業の深淵を問いかける。