私は2001年から2年間、外務省でアジア地域との関係を担当する局長であった。それから10年経って、劇的に変化したのはインド及びミャンマーとの関係である。インドもミャンマーも親日的感情を持った国であり、当時から何とか関係を発展させたいという思いは強かった。近年の両国との関係の飛躍的な発展は、両国を取り巻く戦略的環境の変化がもたらした側面が強い。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1546文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題