世界各地で最前線が奮闘を続けられるかどうかのカギを握るのは、結局は「大本営」。本社であり、経営者だ。