グローバル化の進展に伴い、海外事業を担う人材の不足を嘆く企業が増えている。新興国への派遣が増える中、マネジメント力や精神力など駐在員の質の向上も求められる。「ニッポン」の輝きが失われる前に、海外で売りまくれる人材の組織的な育成が必要だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り3170文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「ニッポン」を売り込め」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。