グローバル化の進展に伴い、海外事業を担う人材の不足を嘆く企業が増えている。新興国への派遣が増える中、マネジメント力や精神力など駐在員の質の向上も求められる。「ニッポン」の輝きが失われる前に、海外で売りまくれる人材の組織的な育成が必要だ。