ブラジル北部、バイーア州の州都サルバドール。経済発展の波及で街の至る所で道路の拡張工事が進む一方、ロバが荷物を引く光景も時折見かける。空港から市街地に向けしばらくクルマを走らせると、政府が貧困対策で建設中の集合住宅がある。来年から入居が始まる2500棟には、この地ではまだ珍しい都市ガスが引かれる予定だ。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1481文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「ニッポン」を売り込め」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。