1989年。インド南部、マドラスの荒野に降り立った麻生英範(52歳)は厳しい現実に直面する。工場の建設予定地には電気も水道も通っていない。娯楽は共同生活する同僚との花札か、日本土産のウイスキーを飲むことぐらい。「生きていくのもつらかった」。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り2287文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

ウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題

この記事はシリーズ「特集 「ニッポン」を売り込め」に収容されています。WATCHすると、トップページやマイページで新たな記事の配信が確認できるほか、スマートフォン向けアプリでも記事更新の通知を受け取ることができます。