35億円のコストをかけ、発展途上国の患者に熱帯病治療薬を無償で提供する。グローバル製薬企業として、今後は知的財産権も躊躇なく開放していくという。業界きっての異色のリーダーにその真意を聞いた。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り6124文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題