ダボス会議を主催する世界経済フォーラムが、5月末から6月にかけてタイのバンコクで開いた東アジア会議に出席した。今年はミャンマーのアウン・サン・スー・チー氏が24年ぶりに海外に出て講演する場ともなり、大いに注目を集めた。スー・チー氏のスピーチは感動的なものであり、カリスマ指導者の面目躍如といった感があった。

この記事は会員登録で続きをご覧いただけます

残り1566文字 / 全文文字

日経ビジネス電子版有料会員になると…

特集、人気コラムなどすべてのコンテンツが読み放題

世界の頭脳に学ぶウェビナー【日経ビジネスLIVE】にも参加し放題

日経ビジネス最新号、10年分のバックナンバーが読み放題