大詰めの社会保障と税の一体改革関連法案の修正協議。歩み寄りは見えても、民主党の“党内野党”が立ち塞がる。党内調整が最大のハードルという不可解な構図が続く。