独ボッシュと独フォルクスワーゲンが、電動車両で先行する日本勢を追撃する。デザインや乗り心地で個性を出す一方、部品の共通化で規模の経済を追求する。生産台数の拡大が、エコカー市場での生き残りの条件になりそうだ。