「相当の割増金が出たのですぐに働く必要はないと思い、行政書士の勉強などをしていた。でも次第に不安になり、結局、1年後に再就職した」。2009年に大手ゼネコンを早期退職した福原拓志氏(43歳)はこう話す。