生涯年収の損得勘定も多くの中高年にとって厳しい結論になる。