沈静化していた大企業のリストラが、再燃の兆しを見せ始めている。日本企業の経営環境を見る限り、人員削減の嵐は今後、強まる可能性が大きい。多くの中高年が「早期退職の損得勘定」を考えざるを得ない時代になりつつある。