生産部門の強化は製造業にとって永遠の課題だ。開発や営業部門、外部の協力企業との関係を強めれば、生産部門は強くなる。超円高でも日本で生産し続けることで、コマツは高い競争力を手に入れた。